第36回津軽三味線世界大会が3日、弘前市民会館で開幕した。大会には国内外から個人、団体合わせて延べ約380人がエントリー。初日は8部門が行われ、出場者が優勝を目指し、力強いばちさばきを披露した。
【写真説明】女性A級で入賞した弘前市の多田実有さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。