「大鰐町の大日様」の愛称で親しまれている大鰐町蔵館の大円寺で2日、津軽地方で最も早い宵宮が開かれた。家族連れや学生らが一足早く夏の風物詩を楽しんだ。
【写真説明】花火を選ぶ地元住民ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。