先月30日、弘前市百沢字裾野で山菜採りをしていた同市八幡町の無職70代女性がクマにかまれ裂傷を負ったことを受け、弘前市や弘前警察署などは1日、クマへの注意喚起を促す看板を設置し、チラシを配布した。
 市は岩木山総合公園から南西約800メートルの雑木林にある現場と、県道弘前岳鯵ケ沢線から現場へ向かう林道の分岐点の2カ所に看板を設置。岩木地区、東目屋地区の防災無線でも注意を呼び掛けた。
【写真説明】クマ出没の注意を呼び掛ける看板が設置された現場=1日午後3時20分ごろ、弘前市百沢字裾野

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。