県内沿岸47漁協の4漁協への再編を目指す県漁協合併基本計画に基づき、西北ブロック漁協合併推進協議会が1日、発足した。鯵ケ沢町のホテルグランメール山海荘で開かれた第1回会議では、役員の選任などを行い、出席者は今後の進め方について確認した。
 県漁連と県漁協経営安定対策協会(県経対協)は、水揚げ量の減少、漁業者の高齢化などによる経営難を解消するため、2019年度末までに県内47漁協を4漁協(西北、むつ湾、三八、下北)に再編する計画を進めている。その後は県内1漁協の実現を目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。