プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の青森ワッツは30日、青森市のマエダアリーナで山形ワイヴァンズとのホーム最終戦となる第29節第2戦に臨み、69―54で快勝。今季通算27勝31敗とし、東地区単独4位に浮上した。
 序盤から持ち味の堅守が光ったワッツ。第1クオーターでは山形の倍となる12のディフェンスリバウンドを奪うなど、守備からリズムをつくってチャンスメーク。15点の大差をつけて前半を折り返した。後半も巧みなパスワークでボールを支配。アウトサイドがフリーになったところを下山大地が3点シュートを決めるなど要所で集中力を発揮し、追いすがる山形を突き放した。
 次節は6、7の両日、福島県の郡山総合体育館で福島ファイヤーボンズと今シーズン最終戦に臨む。
【写真説明】第29節第2戦・青森―山形戦 ワッツは最終クオーター、下山大地が3点シュートを放ち、62―50と突き放す=マエダアリーナ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。