弘前公園で開催中の弘前さくらまつりは27日、桜のトンネルが満開となったことで、同園の全エリアの桜が満開となる最高の“春爛漫(らんまん)”に突入。同日は好天に後押しされ、23万人(まつり本部発表)の花見客が足を運び、見渡す限りに連なる薄紅色の世界に酔いしれた。
【写真説明】満開を迎えた桜のトンネルでは、頭上に広がる薄紅色の天幕が来園者を魅了した=27日午後0時20分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。