弘前市のはるか夢球場で行われる第6回東アジアカップ女子ソフトボール大会(6月18~21日)を前に、女子日本代表の宇津木麗華ヘッドコーチ(HC)が26日、同球場を視察した。宇津木HCは完成間近の球場を見回し「全国でも有数の素晴らしい球場。(同市での東アジア大会は)ソフトボール界の第一歩。全力を尽くしたい」と意気込んだ。
 【写真説明】葛西憲之市長(左)、齋藤春香さん(右)と手を合わせ、東アジアカップ女子ソフトボール大会をPRする宇津木ヘッドコーチ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。