三内丸山遺跡など北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録を目指し、本県や関係道県で組織する登録推進本部と登録推進国会議員連盟は26日、東京・永田町の衆議院議員会館で総決起大会を開き、関係者約200人が今年度の推薦候補決定に向けて気勢を上げた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。