視界を埋め尽くす繚乱(りょうらん)の桜―弘前さくらまつりが開かれている弘前公園で25日、園内と外堀のソメイヨシノが満開となった。見頃を迎えた桜を楽しもうと、園内には観光客や市民ら14万人(まつり本部発表)が来場し、日本一とも称される圧倒的なスケール感に魅了されていた。園内の満開は平年より3日早く、昨年より2日遅い。
 【写真説明】園内と外堀でソメイヨシノが満開。視界を埋め尽くす桜色が観光客を魅了している=25日午前11時25分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。