老朽化により、2013年度から保存修理が進められている弘前市御幸町の国重要文化財「旧弘前偕行社」は、修理と並行して行われてきた調査により、1907(明治40)年の建築当時の姿へ復元されることになった。これにより、今年9月までだった事業期間は2年間延長し、完成は19年9月となる見込み。
 【写真説明】現在の旧弘前偕行社(上)と修理・復元後のイメージ図

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。