弘前市の木工品製造会社ブナコ(倉田昌直代表取締役)の西目屋工場が25日、本格稼働した。西目屋村の旧西目屋小学校校舎を改修し活用した工場で、同日は落成記念式典と関係者向けの内覧会が行われた。工場では新たに村民を雇用し、主に照明やスピーカーといった大型製品が造られる。ブナコ製造体験と無料の工場見学(ともに28日開始)ができるようになることから、観光客誘致と地域活性化にも期待がかかる。
 【写真説明】教室を活用した作業場で成形作業をする職人たち(手前)と見学する関係者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。