春本番、到来―。100年目の弘前さくらまつりは24日、弘前公園の桜(ソメイヨシノ)は西濠西岸が満開、外堀は七分咲き、園内は五分咲き、桜のトンネルは三分咲きとなり、17万人(まつり本部発表)が同園に来場。青空に映える薄紅色が雲霞(うんか)のように広がり、花見客が夢心地で見入った。
【写真説明】満開となった西濠西岸では、見渡す限りの薄紅色がベールのように広がり、来園者を魅了=24日午後2時15分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。