青森市の県立美術館(杉本康雄館長)で25日から、マルク・シャガール作のバレエ「アレコ」舞台背景画4幕全てがそろって展示される。同館では第1、2、4幕の3点を所蔵しており、第3幕「ある夏の午後の麦畑」を所蔵元の米国フィラデルフィア美術館から約4年間の借り受けが実現した。2006年の県立美術館開館以来約11年ぶりに4幕が一堂に会し、24日の展示作業に立ち会った関係者は「素晴らしい」「圧倒的」などの賛辞を口にした。展示は21年3月までの予定。
【写真説明】上から第1幕「月光のアレコとゼンフィラ」、第2幕「カーニヴァル」フィラデルフィア美術館から借用した、第3幕「ある夏の午後の麦畑」、第4幕「サンクトペテルブルクの幻想」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。