弘前さくらまつり(22日~5月7日)開幕を目前に控えた21日、弘前公園では桜(ソメイヨシノ)の早咲きに対応した出店の自主営業や夜間照明が始まった。外堀は三分咲き、園内と西濠西岸は二分咲き、桜のトンネルは咲き始めと華やぎが広がる中、花見客は出店グルメを味わいながら、一足早い“祭りムード”を堪能。本丸では弘前枝垂れが満開となり、来園者を歓迎した。
 【写真説明】祭り開幕間近の園内には多くの花見客が来場。本丸では弘前枝垂れが満開となり、人気を集めた=21日午前11時40分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。