弘前市亀甲町の津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)で21日、桜をイメージした「さくら 金魚ねぷた」の販売が始まった。100年の節目を迎える弘前さくらまつり(22日~5月7日)に合わせた限定品で、金魚ねぷたには珍しい鮮やかなピンク色が祭りを彩っている。
 値段は税込み980円。300個限定で5月7日まで販売予定だが、無くなり次第販売終了。
 【写真説明】100年目の弘前さくらまつりに合わせて制作、販売中の「さくら 金魚ねぷた」。鮮やかなピンク色が生き生きと咲き誇る桜を思わせる=弘前市の津軽藩ねぷた村

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。