“春の宴”あす開幕―。弘前さくらまつり(22日~5月7日)開幕を控えた弘前公園では20日、園内と外堀(南・東側)、西濠西岸の桜(ソメイヨシノ)が一分咲きとなり、桜のトンネルが開花するなど、春らしさが増している。会場では桜の早咲きを受け、21日からの出店の自主営業と夜間照明に向けた準備が進む一方、園内の弘前城植物園では濃紅色の桜「オカメ」が見頃を迎え、鮮やかな色彩が来園者を華やかに出迎えた。
【写真説明】園内の弘前城植物園では、濃紅の桜「オカメ」が見頃を迎え、春に彩りを添えた=20日午後3時ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。