弘前市は20日から、弘前城と弘前公園の桜を応援する国内外の人々を対象に、インターネット上で流通する仮想通貨ビットコインによる寄付受け付けを開始した。手数料がほぼかからず、海外からも気軽に少額寄付できるのが特徴で、全国的にも珍しい実験的な取り組みとなる。
 ビットコインはデジタル通貨とも呼ばれる仮想通貨。ネット上に開設されたビットコイン取引所(コインチェック)を通じて購入したビットコインは、金融機関を通さずに決済が可能。国際送金のような手数料や時間を要さず、多くの参加者が取引情報を共有するため安全性が高い。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。