「シャイニー」で知られる黒石市の県りんごジュースと「日東紅茶」で知られる三井農林(東京都)がコラボレーションした新商品「アップルティースパークリング」が24日に発売されるリンゴと紅茶のバランスにこだわり炭酸入りのフルーツティーとしては珍しい果汁60%を実現。県内外の量販店などで販売される。
 リンゴは甘味の強い黒石市産王林と酸味が特徴の県産紅玉の2種を使用。県りんごジュースが持つ天然香料のノウハウを生かし、紅茶とリンゴの両方をバランス良く楽しめる味わいに仕上げた。ラベルはこぎん刺しの模様を取り入れ、青森らしいデザインにした。
 アップルティースパークリングは瓶入りで、1本200ミリリットル。オープン価格で、税抜き198~218円ほどで販売されるという。
【写真説明】24日から発売されるアップルティースパークリング

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。