県とヤマト運輸(本社東京)は17日、両者が連携し県産農林水産品をスピード輸送、保冷一貫輸送で国内外に届けるサービス「A!Premium(エー・プレミアム)」の2016年度実績を発表した。利用契約社数は前年比約1・5倍の135社、取扱箱数は同約1・2倍の4355個となり、県港湾空港課は「好調に推移した」と評価。今年度は目標箱数を7000~8000個に設定、海外需要拡大を視野に入れたマーケティング調査のほか、首都圏需要の掘り起こしを強化し、利用の底上げを図る。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。