青森地方気象台は17日、青森市の同気象台敷地内にある桜(ソメイヨシノ)の標本木開花を観測。同市の桜が平年より7日早く開花したと発表した。
 青森市の合浦公園では、桜が春の陽気に誘われて枝先からほころび始め、22日に迫る同園での「青森春まつり」を前に訪れた観光客や市民を出迎えた。
【写真説明】青森市で開花が観測されたソメイヨシノ=17日午後1時ごろ、合浦公園

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。