黒石市は増加する外国人観光客に対応するため、日本語と英語、韓国語、中国語(繁体字、簡体字)の5言語の観光パンフレットを作製した。言語ごとに表紙を変えるなど、黒石の魅力を視覚に訴えるデザインを心掛けたという。22日開幕の黒石さくらまつりまでに、市内外の観光関連施設などに配置する。
【写真説明】言語ごとに表紙のデザインを変えた観光パンフレット

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。