2016年に地域課題の解決と施策反映を目指し、包括連携協定を締結した平川市と弘前大学は14日、連携調査研究事業の成果報告会を、同市の東京会館さんすいで開いた。市や弘大、事業に関わった市民ら約90人が出席。市の活性化に向けて連携して行った四つの事業成果が報告され、交流会では新年度の取り組みなどについて盛んに意見を交換した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。