平川市の平賀西中学校(西谷龍彦校長)で12日、自転車交通安全教室が開かれた。全校生徒314人はスタントマンによる事故の再現などを通じ、危険な運転や見落としなどから起こる交通事故の恐怖と交通マナーの大切さを学んだ。
【写真説明】スタントマンによる事故の再現を通じ、交通マナーの大切さを学ぶ生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。