球春到来を告げる県高校野球春季地区大会が15日、県内全6地区で一斉に開幕、20試合を行った。弘前地区は、聖愛が弘前工を攻守で圧倒。弘前東は序盤に得点を重ねて弘前南を突き放した。弘前中央は序盤のリードを守り切り、柏木農に勝利。黒石商は長打が光り、黒石をコールドで下した。
 16日は5地区で17試合が行われる。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。