西目屋村のブナの里白神公社が今年から、登山や散策に持参して食べることを想定した「山助(さんすけ)弁当」を新たに販売する。献立は村産の野菜、山菜を使った津軽の郷土料理が中心で、食べ終わった容器は畳むことができる工夫もされている。25日の予約受け付け開始を前に、23日午前11時から、限定20個を村物産センター「Beech(ビーチ)にしめや」で先行販売する。予約は不要。
 弁当は税込み850円。注文は10個以上から受け付ける。予約、問い合わせは24日までは公社(電話0172―85―3011)へ、25日以降はANMON(電話0172―85―3021)へ。
【写真説明】キャラ蕗、梅の2種類のおにぎりと西目屋村産の野菜、山菜料理などを詰めた「山助弁当」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。