弘前市の葛西憲之市長は12日の定例会見で、2期目の任期最終年度を迎える心境を問われ、「市民の満足度を重視しながらスピード感ある経営型市政運営をしてきた」とこれまでを振り返るとともに、市民や各種団体の声により耳を傾けることで「オール弘前体制をさらに進化させる」と意欲を示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。