青森市いじめ防止対策審議会(櫛引素夫会長)は11日夜、いじめを訴え自殺した同市の浪岡中学校2年の葛西りまさん=当時(13)=の遺族に面会し、最終形の報告書について内容を説明した。遺族側はりまさんが思春期によるうつの可能性があるなどとした説明に納得できないとして、さらなる調査と、10日以内に委員の変更を求める要望書を審議会、人事権を持つ事務局に提出する考えを明らかにした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。