春の火災予防運動が10日、県下一斉にスタートした。弘前地区消防事務組合は同日、平川市小和森のイオンタウン平賀店で大規模な消防訓練を行った。消防隊員らは緊迫した雰囲気の中、本番さながらに避難、救急搬送、放水訓練などを行い、防火への意識高揚を図った。
【写真説明】本番さながらの訓練で屋上での救助を行う隊員ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。