全国的に高齢者の事故が増加傾向にあり、本県でも75歳以上の高齢運転者による死亡事故の件数が近年増えている。運転免許人口に占める75歳以上の高齢者の割合が年々増加していることも背景にあると考えられる。今春施行された改正道交法では高齢運転者の事故防止対策として、認知機能検査や高齢者向け講習の強化などを図っているが、県警本部もこれを受け、講習事務の円滑な遂行などのために今年度、新たな係を設置。また県内に協賛する民間企業や自治体の輪が広がっている高齢者の運転免許自主返納者支援事業なども通じて、高齢者の事故を未然に防ぐ取り組みをさらに進めていく。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。