弘前大学がブランド化を目指す、リンゴジュースの搾りかす(リンゴかす)を含む発酵飼料を黒毛和牛に長期間与えて生産した牛肉「弘大アップルビーフ」の販売が8日、スーパーマーケット・いとくの県内4店舗で始まった従来は県内のホテル、焼き肉店、レストランに卸されており、小売店の店頭に並ぶ機会はほとんどなかった。関係者は「おいしさを一般消費者に知ってもらいたい」と知名度向上に期待を寄せる。
【写真説明】販売が始まった「弘大アップルビーフ」を買い求める市民ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。