「けの汁発祥の地は和徳城」と宣言する弘前市の和徳歴史探偵団(三上隆博団長)は、今年も「我が家のアイデアけの汁コンテスト」を実施する。創意工夫に富んだレシピの募集は10日から24日まで。グランプリと和徳伝統のけの汁は6月9日、和徳稲荷神社宵宮で振る舞われる。
 今年は1次審査の書類審査を経て、5月28日は応募者が実際に調理する2次審査を実施。一般の人にも試食してもらい、投票でグランプリを決める。
 6月9日は焼き干しでだしを取り、あぶった昆布を砕いて入れる和徳伝統のけの汁約1000食を振る舞い、グランプリのレシピも100~200食程度を提供する予定。
 応募は弘前堅田郵便局留(〒036―8021 弘前市和徳町320 和徳歴史探偵団「我が家のアイデアけの汁コンテスト」係)、問い合わせは同探偵団(ファクス0172―32―9627)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。