「春の新聞週間」に合わせ、県支部新聞公正取引協議会は6日、弘前、青森、八戸、五所川原の4市で試読紙を配布する街頭キャンペーンを行った。このうち弘前市では、陸奥新報社など8新聞社の関係者が市民らに新聞購読を呼び掛けた。
 【写真説明】試読紙などが入った袋を市民らに手渡し、購読を呼び掛けたキャンペーン

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。