弘前市城東中央3丁目の県りんご協会(藤田光男会長)で5日、恒例となっている春の苗木斡旋(あっせん)が始まった。初日から県内各地の生産者が訪れ、改植・補植用のリンゴの苗木や台木を買い求めた。
 斡旋は24日までの予定(土曜日は午前中のみ、日曜日は休み)。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。