東京商工リサーチ青森支店が4日発表した本県企業倒産状況によると、2016年度の倒産件数(負債額1000万円以上)は前年度比9件(16・67%)減の45件、負債総額は同37億8500万円(56・29%)増の105億900万円だった。件数は1972年の集計開始以来2番目に少なく、過去10年では最少。負債総額は過去10年で3番目に少なかった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。