弘前市は、市経営計画の政策評価のために毎年行っている二つのアンケートの結果を公表した。2016年度は「弘前市が住みよいまちだと思う」という回答が56・3%と半数を超え、前年度と比べても6・6ポイントの増と全体的な満足度は高まっている。一方、冬期間の安全・快適な生活を送れているかという問いは「不満」の割合が50・2%、市が積極的に進める雪対策の新たな取り組み(道路融雪など)を実感していないという回答も76・9%と高く、依然として雪対策が課題として浮かび上がった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。