指定管理者制度が導入された弘前市立弘前図書館と郷土文学館が1日、民間運営の新体制となってオープンした。初日はオープニングセレモニーが行われ、開館直後から市民らが続々と来館。民間のノウハウを生かした居心地の良い図書館づくりを―と市民や関係者らが期待した。
 【写真説明】開館直後から市民らが続々と訪れ、返却や貸出でにぎわう弘前図書館のカウンター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。