青森労働局は31日、2月の本県の有効求人倍率(季節調整値)は1・20倍で、前月から0・03ポイント減少したと発表した。1年8カ月ぶりの下落だが、過去2番目に高い数値で、1倍台は14カ月連続。都道府県別では前月より三つ順位を下げ、千葉県と同率の38位だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。