黒石市の蒼空農園(村上真貴子園主)は、植え付けした年から収穫が可能となる「フェザー苗木」を導入したリンゴ栽培に今年から挑戦している。2月にポット植えしてハウスで育てており、3月下旬に開花。順調に育てば今秋には早速収穫できる見通しで、関係者は期待を寄せている。
 フェザー苗木は、ホルモン剤により人工的に枝を伸ばした苗木で、ヨーロッパでは主流。丸葉台が主流な日本はまだ普及が進んでおらず、県内で導入しているのは2農家のみ。
【写真説明】2月に植え付けたばかりで、花を咲かせたフェザー苗木

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。