青森労働局は昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」による県内事業場に対する重点監督の結果を発表した。対象となった77事業場のうち7割の54事業場で違法な時間外労働など労働基準関係法令違反が確認された。重点監督は長時間の過重労働の疑いや労働基準関係法令違反が疑われる事業場に対して集中的に実施。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。