弘前大学の「学生地域団体Smoothie(スムージー)」と弘前高校自治会生徒が協力し、「大鰐線魅力発信プロジェクト」として弘南鉄道大鰐線沿線の店や名物などをまとめたポスターが弘前市のヒロロ3階で展示されている。
 利用者が減少している大鰐線の利用促進を目指し、地域が抱える課題に学生目線で取り組むSmoothieと、学校近くに「弘高下駅」があり大鰐線と関わりの深い弘高生が協力し、昨年末から沿線取材などを開始。高校生が主体となって記事にまとめ、大学生がサポートに当たった。
 ポスターの展示は3月末まで。
【写真説明】弘南鉄道大鰐線の利用促進に向けポスターを作成した弘前大学Smoothieメンバーと弘前高校自治会生徒

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。