日本コーヒー文化学会青森支部会が主催する「弘前でコーヒーを楽しむ会」が26日、弘前大学創立50周年記念会館で開かれた。県内各地から参加した愛好家約80人が、かつて北方警備に赴いた津軽藩兵が薬として飲んだとされるコーヒーの入れ方や、薬理学的な目線から見たコーヒーの歴史について知識を深めた。
【写真説明】津軽藩兵が飲んだコーヒーの再現などが行われた「弘前でコーヒーを楽しむ会」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。