2016年度「農業の未来をつくる女性活躍経営体100選(WAP100)」に選ばれた弘前市の農業生産法人ANEKKO(村上美栄子社長)が24日、県庁に三村申吾知事を訪ね、受賞を報告した。
 WAP100は日本農業法人協会が主催。女性活躍に向けた先進的な取り組みを実践する農業経営体を選定、表彰しており、創設された15年度は32経営体、16年度は28経営体が選ばれた。
【写真説明】WAP100に選ばれたことを三村知事に報告した村上社長(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。