地元の高校で日本一を目指す―。今年度の全国中学校バドミントン大会で優勝を果たした浪岡中学校男子バドミントン部の3年生4人が、そろって地元の浪岡高校に進学を決めた。これまで本県高校では全国高校総合体育大会(インターハイ)での男子団体優勝はなく、今後は、2017年ナショナルチームB代表の奈良岡功大選手を筆頭に躍進が期待される。関係者からは「早ければ今年に全国優勝もある」と注目を集めている。
【写真説明】「地元の高校で日本一」を目指す全中優勝のメンバーたち(左から久慈友也選手、武藤映樹選手、奈良岡選手、大平啓人選手)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。