中国の奥凱(オーケー)航空が青森―天津間で運航する国際チャーター便は25日、青森空港から172人の中国人観光客を乗せて出発し、1月16日からの全日程が終了した。計74便運航され、県の乗客見込み数5000人を超える約5700人が訪れ、搭乗率は86・2%。多くの観光客が本県の冬季観光の魅力を味わった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。