弘前市は24日、弘前公園の桜(ソメイヨシノ)の第2回開花予想を発表。前回と同様に園内の開花は平年並みの4月23日(満開28日)とした。これまでの3月の気温はほぼ平年並みに推移しており、今後1週間の気温は平年並みか高くなり、その後はまた平年並みに落ち着く予想から、開花は23日の見込み。
 24日の第2回開花予想は標準木がある同園北の郭で実施。雪がちらつく中、市公園緑地課の樹木医(桜守)の橋場真紀子さん、海老名雄次さんが対応した。園内を除く開花予想日は前回と同じく外堀が4月22日(満開27日)、西濠の桜のトンネルが24日(同29日)。本丸のヤエベニシダレの開花予想日は27日。
【写真説明】花芽の先端が割れ、中から緑色がうっすらとのぞく標準木のソメイヨシノ=24日午後2時5分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。