五所川原市は年度内に、地域公共交通網形成計画を策定する。津軽地域では弘前市に続き2例目。広域な市内を利便性の高い交通ネットワークで結ぶとともに、交通網を利用しやすいコンパクトなまちづくりを進める方針だ。新たな交通網には路線バス以外の交通資源を総動員し、人口減少や高齢化が進む地方で、自家用車がなくとも暮らしやすいまちづくりを目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。