弘前商工会議所(清藤哲夫会頭)は17日、弘前市の同会議所会館でりんご生産者フォーラムを開いた。参加者はパネルディスカッションや目立て職人が研いだ鋸(のこ)の試し切りを通して、リンゴ生産を支えてきた鋸の魅力や、目立て職人の大切さを再確認した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。