水墨画会青森会長の外崎裕漄さん(76)=つがる市=が、18日まで東京都美術館で開かれた第34回日本・中国水墨画合同展(日本・中国水墨交流協会主催)で、最高賞の日中水墨大賞に輝いた。受賞作「潮流」(F50)のような抽象作品が最高賞に選ばれるのは「恐らく初めて」(外崎さん)といい、「(水墨画の世界では少ない)抽象表現が認められたのはうれしい」と話す。
【写真説明】日中水墨大賞受賞作「潮流」と外崎さん(外崎さん提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。