県は新年度から3年間、弘前市と青森市の大腸がん検診の未受診者(過去3~5年受診歴ない者含む)を対象に、検診を受けてもらうモデル事業を実施する。便の中に血液が含まれているかを調べる「便潜血検査」のキットを未受診者に送付して回収する。希望者には内視鏡検査も行う。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。