鯵ケ沢町の海の駅「わんど」前で東洋大学ライフデザイン学部(埼玉県)の学生らが、バスの待合所「バス庭(てい)」の製作を行っている。町の伝統の建築様式を取り入れたつくりが特徴で、学生たちは単なる停留所の役割のみならず「地域のコミュニティーの場になってほしい」と期待している。19日に完成予定。
 【写真説明】東洋大の学生たちがデザインした「バス庭」の製作が進められている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。